上原ファームグループ

代表取締役 上原照代

経営の合理化、一本化を進め、

安全で健康な豚肉の生産を拡大。

 日本の農業は、昨今、輸入モノの台頭や生産拠点の海外流出、後継者不足などで、先細りの一途を迎えています。産業界がグローバル化する中、農業界も大きな変革を迫られているのです。
 上原ファームの考える大きな変革とは、農業の企業化。つまり、農業の企業経営です。
 当社は、昭和52年から養豚経営に着手しています。最初は3匹から始まった養豚業ですが、現在では年約10万頭を飼育する国内有数の畜産企業へと成長しました。
 これはひとえに、創業当時から進めてきた合理化・省力化の成果にあると思います。豚の繁殖、肥育まで一貫した生産体制を行い、豚舎内の温度管理、給餌・給水業務など機械設備を導入していち早く自動化をしています。豚舎建設は造成から施工まで全て自社で行っています。
 もちろん、命を扱っている以上、合理化できないものがあります。それは、生き物への愛情と命への気遣い。設備的なことは機械化できても、健康管理と衛生管理は人の手でないとできません。スタッフは常に一頭一頭の健康状態に目を配り、豚たちが快適に生活できるよう、毎日豚舎内の清掃・消毒を欠かしません。
 合理化すべきものと手をかけるべきもの。いつも悩み考えています。それは生みの苦しみであり、大きくなるためのステップです。
 生み落とされた種は芽を出し、大きな枝をつけます。
"生まれたものは大きくなる"。

 それは、自然の理であり、当社の信念です。
上原ファームグループもいつしか世界に枝葉を広げ、グローバル企業へと成長したいと思っています。
これからも、私たちは、日本、そして世界を見据え、日本一の農業経営を目指し、邁進していきます。

上原ファーム株式会社 

〒889-1801 宮崎県都城市山之口町大字富吉6630 

Tel.0986-57-3862  Fax.0986-57-2574

Copyright © 2014 上原ファームグループ All rights reserved.